前車を追越して左折しない

ある事業所で、営業回りをしていた社員が路線バスの前に割り込んで接触する事故を起こしました。社員が管理者に事故の状況を報告しています。

 

管理者「路線バスと接触事故を起こしたんだって」

 

運転者「はい、申し訳ございません」

 

管理者「何で、路線バスの前に割り込んだの?」

 

運転者「その先の交差点を曲がろうとしたんです」

 

管理者「君が事故を起こした道路は片側2車線だろ。追越車線から前に割り込んだのか?」

 

 

運転者「そうなんです」

 

管理者「普通に考えると、左折する交差点の手前で左側の車線に入っているはずだろう?」

 

 

 

運転者そうなんですけど、路線バスなんで追い越して交差点を曲がれると思ったんです」

 

 

管理者「それで、強引に割り込んで接触したというわけか?」

 

 

運転者そうです……」

 

 

管理者「路線バスだから、あまりスピードを出していないと考えたわけだな?」

 

運転者そうなんですが、思っていた以上にバスのスピードが早くて焦ってしまいました」

 

 

管理者「ところで、君は左折するとき、あらかじめ左車線に入っておくという運転をしていないのか?」

 

 

運転者いつもはしていますよ。でも、今回は路線バスでしたから、追い抜けると思いまして」

 

 

管理者「いくら路線バスといっても、走行している車を追い抜いてその前に入るまでには、相当の距離がいるし、こちらもスピードを出しているはずだ」

 

 

運転者はい」

 

 

管理者「そうすると、ハンドル操作などをミスするリスクも高くなるよな」

 

 

運転者そうですね…」

 

管理者「誰でも、前に路線バスがいると、何とかバスの前に出て左折したいと思うことがあると思うよ」

 

運転者そうですよね」

 

管理者「でも、問題はそれを実行するか、しないかだ。つまり、リスクのある運転行動をするか、しないかということだ」

 

運転者はあ…」

 

 

管理者「それを実行するには相当なリスクを伴うことは、今回の事故でわかっただろう」

 

運転者「はい

 

管理者「事故を起こさない人は、そうしたリスクの高い行動はとらないのだよ」

 

運転者そういうことですね」

 

 

管理者「これからは、左折する交差点が近づいてきて前に路線バスがいるとき、バスの前に出て左折するのではなく、バスの後ろについて左折するようにしてくれよ」

 

 

運転者はい、わかりました」

 

 路線バスを追い抜いて左折する運転は、事故を起こすリスクが高い割には、それに見合うメリットはほとんどありません。リスクが高い運転をすることは、結局は自分が損をすると考えてくださいね。 

 

 

  >> 管理者のいい話一覧へ