ピラーの死角を意識していますか?

ある事業所の社員が、Uターンをした際に対向車線から来たバイクと接触する事故を起こしました。帰社してきた運転者に管理者が事故の状況を聞いています。

 

管理者「Uターンをしていて、バイクと接触したんだって」

 

運転者「はい、申し訳ありません」

 

管理者「Uターンをしなければならないということは、道を間違えたということなの?」

 

 

運転者「はい、一つ手前の交差点で右折しなければならなかったんですが、うっかり通り過ぎてしまって」

 

管理者「Uターンをした交差点は、Uターン禁止ではなかったよな」

 

 

運転者「はい、標識はしっかりと確認しました」

 

管理者「ところで、対向車線からバイクが来ていたのに、なぜUターンをしたんだ」

 

 

運転者「それが、バイクにまったく気づかなかったんです」

 

管理者「気づかなかったって……。どういう状況だったか、もう少し詳しく聞かせてくれないか?」

 

運転者Uターンをしようと交差点中央付近で対向車が通過するのを待っていて、対向車がいなくなってUターンをしようとしたんです」

 

 

管理者「そのとき、対向車線の安全確認はしたんだろ?」

 

運転者もちろんです。後続の車が来ていないのでUターンをしたらバイクが来ていたんです」

 

管理者「君は安全確認をしたというけど、チラッと見た程度ではないの?」

 

 

運転者そうですけど、どういうことですか?」

 

 

管理者「交差点中央付近で運転席から対向車線を見るとき、左側のピラーが死角になって、一部見えないところがあるんだよ」

 

 

運転者ピラーの死角って、あんな小さな所に車が隠れるんですか?」

 

管理者「確かに、四輪車ならピラーの死角に完全に隠れることはないが、バイクのような小さな車なら一瞬隠れることがあるんだよ」

 

運転者そうですか……」

 

管理者「バイクがちょうど死角に隠れているときに、君が安全確認をして何も来ていないと判断したのだと思うよ」

 

 

運転者ピラーの死角にいたバイクを見落としたということですか?」

 

管理者「そういうことだろうね」

 

 

運転者ピラーに死角があることはあまり意識したことはなかったですね」

 

管理者「ピラーの死角は非常に小さいので、あまり意識をしない人が多いけど、意外とバイクなどの見落としがあるんだよ」

 

 

運転者そうなんですね」

 

管理者「バイクのほかに、歩行者などもピラーの死角に隠れることがあるんだよ」

 

運転者そうですか」

 

 

管理者「ピラーの死角は少し頭を動かせば解消できるので、これからはピラー越しに安全確認するときには、頭を動かして確認する習慣をつけてくれよ」

 

運転者はい、わかりました」

 ピラーは小さいので死角はないように思いがちですが、角度によってはバイクなどを隠れてしまいます。ピラーにも死角があることを意識して、頭の角度を変えて確認する習慣をつけてくださいね。

 

 

 

 

 >> 管理者のいい話一覧へ