源頼朝像を見てきました

 野村です。


 奈良国立博物館で開催されている、「頼朝と重源」展へ行って来ました。教科書によくでてくる、源頼朝像の実物を見たかったので。

 電車の乗り継ぎがよく、近鉄奈良駅には、8時40分に到着。奈良公園の木陰を選びながら、ゆっくり歩いても、ずいぶん早く博物館につきました。


 源頼朝像の展示最終日のため混むだろうと思っていたのですが、意外に、開館前の行列は長くなりませんでした。

 30分待って、開館と同時に、お目当ての源頼朝像へ向かいました。前に立ってみると、びっくりです。思っていたより大きくて、その迫力に驚きました。

 すいていたので、近づいたり離れたりして、長い間見ることができました。


 端正な顔立ちで目元は涼しげ、サムライの猛々しさは感じません。どちらかといえば公家のような印象です。顔立ちは写実的、でも、真っ黒な着物はまっすぐな直線で描かれ、黒い折り紙を折って作った着物のようです。


 そして、近づいてよく見ると、真っ黒にしか見えなかった着物に、きれいに模様が描かれていることに気がつきました。見ているつもりでも、見えていないことが多いですね。

 本物を見るのは、やっぱりいいです。得をした気分で帰ってきました。

(野村幸一)

>> スタッフブログ一覧へ