探索する

 こんにちは、野村です。

 

 もう10月も終わり。秋の深まりを感じます。寒暖の差も激しくなってきました。

 

 朝家を出ると涼しさを感じます。ただ、電車に乗ると蒸し暑さが。

 

 冷房が緩く、もしくは送風になった列車の場合、満員の車内は人の熱気で窓が曇り汗が滲みます。

 

 そんな不快で退屈な通勤途での10月の楽しみ(暇つぶし)は、半袖シャツのサラリーマンを探すこと。 

 

 今日は32人、25人などと数えます。特に、10月中旬は気温が下がってきて数えやすいです。皆さんもよろしければやってみてください。(そんなアホはことはやらないですよね。)

 

 やってみると不思議なことが起きます。気温が下がり、前日より涼しくなっているのに、数えた半袖シャツ姿が増えるのです。

 

 その理由は、ドンドン探そうという気が自分の中で日々高まるからです。目線が四方八方に動き、半袖姿を探しています。もっといないか、どこかにいないかと。だから見つけ、数が増えるのです。

 

 ご存知のように運転では周りを見ることがとても重要です。「自分は見ないで運転をしている。」という方はいないと思います。

 

 しかし、実際は何となく周囲の状況を見て運転している方は多いです。これでは、危険を見落としたり発見が遅れたりします。

 

 危険を探そうと目的を持って周りを見るようにしましょう。危険探索能力を高めることは事故のリスクを大幅に下げます。ですので、これはぜひ実行してしてください。

 

 

                                           (野村幸一)

>> スタッフブログ一覧へ